Skip to main content
PHP 7.2.29リリース対応 PHPセキュリティ保守サービス パッチ配布開始 admin 2020/04/08 - 19:17

ESIのPHPセキュリティ保守サービスではPHP 4.4以降のPHPに既知のセキュリティ問題を修正したバージョンをご利用頂けます。PHPプロジェクトによるPHP 7.1のメンテナンス期間は2019年12月のリリースで終了しました。今後、PHP 7.1以下の利用を継続されるには既知のセキュリティ問題を修正したPHPを利用する必要があります。

以下はPHP 7.2.29に対応したPHPセキュリティ保守サービスのリリースノートです。

 

19 Mar 2020

=================================================================================
Core:
Fixed bug #79329 (get_headers() silently truncates after a null byte) (CVE-2020-7066) (cmb)

PHP 5.2以降 (PHP5.2/5.3は対応済)

standard
PHP 7.2.28リリース対応 PHPセキュリティ保守サービス パッチ配布開始 admin 2020/03/23 - 20:25

PHPプロジェクトによるPHP 7.1のメンテナンス期間は2019年12月のリリースで終了しました。今後、PHP 7.1以下の利用を継続されるには既知のセキュリティ問題を修正したPHPを利用する必要があります。ESIのPHPセキュリティ保守サービスではPHP 4.4以降のPHPに既知のセキュリティ問題を修正したバージョンをご利用頂けます。

以下はPHP 7.2.28に対応したPHPセキュリティ保守サービスのリリースノートです。

 

standard
PHP 7.2.27リリース対応 PHPセキュリティ保守サービス パッチ配布開始 admin 2020/02/28 - 12:58

PHPプロジェクトによるPHP 7.1のメンテナンス期間は2019年12月のリリースで終了しました。今後、PHP 7.1以下の利用を継続されるには既知のセキュリティ問題を修正したPHPを利用する必要があります。ESIのPHPセキュリティ保守サービスではPHP 4.4以降のPHPに既知のセキュリティ問題を修正したバージョンをご利用頂けます。

以下はPHP 7.2.27に対応したPHPセキュリティ保守サービスのリリースノートです。

 

standard
PHP 7.2.26リリース対応 PHPセキュリティ保守サービス パッチ配布開始 admin 2020/01/30 - 12:53

PHPプロジェクトによるPHP 7.1のメンテナンス期間は2019年12月のリリースで終了しました。今後、PHP 7.1以下の利用を継続されるには既知のセキュリティ問題を修正したPHPを利用する必要があります。ESIのPHPセキュリティ保守サービスではPHP 4.4以降のPHPに既知のセキュリティ問題を修正したバージョンをご利用頂けます。

以下はPHP 7.2.26に対応したPHPセキュリティ保守サービスのリリースノートです。

standard
PHP 7.1.27リリース対応 PHPセキュリティ保守サービス パッチ配布開始 admin 2019/05/13 - 05:41

PHPプロジェクトによるPHP 5.6/7.0のメンテナンス期間は2019年1月のリリースで終了しました。今後、PHP 5.6/7.0の利用を継続されるには既知のセキュリティ問題を修正したPHP 5.6/7.0を利用する必要があります。ESIのPHPセキュリティ保守サービスではPHP 4.4以降のPHPに既知のセキュリティ問題を修正したバージョンをご利用頂けます。

2019年3月にPHP 7.1.27以降のPHPでEXIFモジュールのメモリ管理問題が修正されました。このEXIF問題はPHP 4.4以降に影響します。JPEG画像に含まれた画像情報を処理しているWebサイトには必須のパッチです。

以下はPHP 7.1.27に対応したPHPセキュリティ保守サービスのリリースノートです。

 

 

 

◆ 2019/4/12
PHPプロジェクトのPHP 7.1.27リリースに対応したリリースです。
これらのRelease Noteでは以下のセキュリティ/バグフィックスが報告されています

standard
PHP5.6.38リリース対応 PHPセキュリティ保守サービス パッチ配布開始 admin 2018/09/19 - 12:29

PHPセキュリティ保守サービスとは、メンテナンスが終了したPHPを安全に利用するパッチを提供するサービスです。PHP 5.5/5.4/5.3/5.2/4.4に対応しています。(PHP 5.6/7.0のサポート終了は2018年12月です。2019年からPHP 5.6/7.0もサポート対象です)

以下はPHPセキュリティ保守サービスのリリースノートからの抜粋です。

 

◆ 2016/9/19
PHPプロジェクトのPHP 5.5.38リリースに対応したリリースです。
これらのRelease Noteでは以下のセキュリティ/バグフィックスが報告されています

standard
<PHP 5.6/7.0対応>PHPセキュリティ保守サービス - 早期お申し込みキャンペーン開始! admin 2018/07/25 - 14:16

PHP 5.6/7.0のサポート切れが2018年末に迫っています

PHPセキュリティ保守サービスはPHP 5.6/7.0にも対応します。既にお問い合わせを多数頂き、秋以降のお申し込み、特に年末から年始にかけては導入サポートのお問い合わせが混み合うことが予想されます。

お申し込みを頂き、PHPセキュリティ保守サービスを早期導入頂いたお客様に初期費用50%OFFのキャンペーンを実施致します。

 

PHPセキュリティ保守サービスへ!

 

PHPセキュリティ保守サービスとは?

PHPプロジェクトによるセキュリティ保守が終了したPHPバージョンをより安全に利用する為、既知の脆弱性パッチを古いPHPにバックポートし提供するサービスです。

standard
hot
<PHP 5.6/7.0対応>PHPセキュリティ保守サービスがバージョンアップ! admin 2018/07/09 - 14:24

PHPセキュリティ保守サービスとは、メンテナンスが終了したPHPを安全に利用するパッチを提供するサービスです。PHP 7.0/5.6/5.5/5.4/5.3/5.2/4.4に対応しています。

 

PHP 5.6/7.0対応!

PHPプロジェクトのPHP 5.6/7.0へのセキュリティパッチ適用は2018年12月に終了します。既知の攻撃からWebサービスを護るにはセキュリティパッチの適用が欠かせません。

PHPセキュリティ保守サービスはPHP 5.6/7.0にも対応します!お申し込みを受付中です。

 

ESIのPHPセキュリティ保守サービス

例えば、弊社のPHP 5.5用のPHPセキュリティ保守サービスでは以下のパッチを適用しています。古いPHPを事情により利用されている場合、より安全に利用可能です。

standard
hot
PHP5.6.36リリース対応 PHPセキュリティ保守サービス パッチ配布開始 admin 2018/05/24 - 09:58

PHPセキュリティ保守サービスとは、メンテナンスが終了したPHPを安全に利用するパッチを提供するサービスです。PHP 5.5/5.4/5.3/5.2/4.4に対応しています。

以下はPHPセキュリティ保守サービスのリリースノートです。

 

◆ 2018/5/24
PHPプロジェクトのPHP 5.6リリースに対応したリリースです。
これらのRelease Noteでは以下のセキュリティ/バグフィックスが報告されています

Version 5.6.36
26 Apr 2018

Exif:
■ Fixed bug #76130 (Heap Buffer Overflow (READ: 1786) in exif_iif_add_value). (CVE-2018-10549)
PHP 5.4以降
メーカーノートの文字列の長さ計算の誤りによりヒープオーバーフローが発生する。

■ 互換性
問題なし

standard
PHP5.6.35リリース対応 PHPセキュリティ保守サービス パッチ配布開始 admin 2018/04/28 - 09:57

PHPセキュリティ保守サービスとは、メンテナンスが終了したPHPを安全に利用するパッチを提供するサービスです。PHP 5.5/5.4/5.3/5.2/4.4に対応しています。

以下はPHPセキュリティ保守サービスのリリースノートです。

 

◆ 2018/4/28
PHPプロジェクトのPHP 5.6リリースに対応したリリースです。
これらのRelease Noteでは以下のセキュリティ/バグフィックスが報告されています

Version 5.6.35
29 Mar 2018

FPM:
■ Fixed bug #75605 (Dumpable FPM child processes allow bypassing opcache access controls). (CVE-2018-10545)
PHP 5.4以降
opcacheのアクセス制御をバイパス可能となる。
PHP 5.3以前にも影響するが、コードベースが異なる。

standard
Subscribe to PHP Security Patch Service